2017年9月3日日曜日

私にとっての『9月2日』という日。




駆け足で去っていこうとしている夏。


名残惜しい気がしなくもありませんが


気持ちはとっくに秋冬に向いていますので



やれ、どんどん寒くなれ



と思っている澤田です、どうもこんにちは。





 




今日はちょっと、思い出話をしたいと思います。






9月2日。

私にとってちょっとだけ特別な日なんです。






3年前の今日。

2014年9月2日火曜日。


定休日だったその日、

普段かかってくるはずのない人から


一本の電話がありました。


『今週の木曜日、リネアに来てくれませんか?』


それは、当時店長だった瀧澤からでした。


リネア唯一の


前任カラリストの退職が急遽決まり


その代行として臨時で


ひとまず1日来てくれないか?


ということでした。




『なんで私なんですか?』



おりこうにYes manしておけばいいものの


すぐに承諾をせず


生意気にも切れ気味に反抗。





リネア生活を満喫しすぎている


今の私からは微塵も


想像つかないかもしれませんが


そのくらい
来たくなかったんです、大宮に。





…というのも、





それまでも


年に1度、夏期休暇中の代行で


リネアに出勤するということは


何度かありました。


しかし、


慣れない場所、


普段ほとんど関わりがないスタッフに


毎回はじめましてのお客様…。


ただでさえ


馴染みのない場所に行くのが苦手な私が、


そんな環境でしかも


「カラリストが私しかいない」


というのはあまりにもプレッシャーで、


そんな状況下で仕事をするということは、


とんでもないストレスだったんです。




そのせいかリネアに出勤したときは


緊張のため食事や飲み物がほとんど喉を通らず


緊張とストレスがピークに達する午後には


激しい肩、首、頭痛に襲われ、


仕事が終わったら逃げるように帰路につくも


45分くらいで自宅の最寄りに着くはずが


頭痛がしんどくて


埼京線を往復しすぎて


3時間かけてかえったこともありました。


…そんな苦く辛いイメージしかなかった


「大宮出勤」という任務。


そのせいもあり、


その瀧澤からの電話が来たときには


『絶対行くもんか』


とすら思っていました。


他にもたくさんカラリストはいるんだから


私じゃなくてもいいじゃないか、と。




『できれば行きたくないです』と伝え


一度電話を切ってしばらくして、


『木曜日休みのカラリストが
大宮に出勤してくれることになった』


という連絡が来ました。


『ぁ、ラッキー♪これでいかなくていいや』


・・・とは


全然思えなかったんですよねぇ、その時。


その申し出に乗っかっちゃえ♪


ということはどうしてもできず、


『そんなことなら、いく、私行きます』


と、結局自ら行くことにしたのでした。






こうしてその週の木曜日から毎日、


東京勤務のカラリストが日替わりで


リネアに出勤する緊急シフトが組まれました。


みんなは「奇数週の水曜日」など2週に一度のシフトでしたが、


なぜか気づけば私だけは

 
毎週木曜日には大宮にいました。


 毎週、毎週初めましての方々ばかり。


それまで夏季休暇中に代行としてきていたときよりも


通常営業のときは忙しく、


慣れない環境でのカラーは簡単ではありませんでした。


しかし、なぜでしょうか?


昔のように具合が悪くなることは全くなく


とにかく必死にカラーをしているうちに


あっという間に一日が終わっている・・・といった具合でした。





結果、翌月10月からは


毎週木曜日と土曜日に出勤することが正式に決まりました。


もしあのとき、


一番最初にきたカラリストが私じゃなかったら


木曜日担当は私じゃなかったかもしれないし


週2で出勤するカラリストも


私じゃない他の誰かだったかもしれません。








あれからあっという間の3年間。







不慣れで未熟な私を


あたたかく見守ってくださるお客様、


万全の態勢でサポートしてくれるリネアスタッフ、


一緒に連携しながら


切磋琢磨してきたリネアカラリスト陣。


皆さまのおかげで


楽しく充実したリネア生活を送れています。





 【カラリスト4人体制】になって間もなくで4年目。


宮下ボーイという


リネア常勤カラリストのデビューが決まり、


トダマミという新カラリストも増え、


しゅんちゃんとかなたろうという


「新世代スタイリスト」も加わり


より一層キャラの濃いサロンになった


imaii linea。





担当カラリストの曜日が限定されてしまうことは


それはそれは何かとご不便かと存じますが、


これからも

 
毎日イロの違うリネアを


その都度


楽しんでいただけたら幸いです。


 




「あ、9月2日ってそういえば・・・」


と思い出して


つらつらと書いていたら


日付をまたいでしまいました。







あぁ、また新しい秋のはじまり。







RISA

0 件のコメント:

コメントを投稿